飯山線を戸狩野沢温泉駅まで乗車しました

ローカル線

[広告]

Amazon.co.jp


列車の愛称である「おいこっと」のことですが、方言と思っていたら、そうではないようです。
東京のアルファベット表記“TOKYO”を逆にして”OYKOT”として、これを平仮名で表記しているそうです。
知りませんでした。
前置きはここまでにして、本題に入ります。


私は飯山線にずっと乗りたいと思っていて、飯山線の乗車スケジュール表を何回も作りましたが、なかなか実現しませんでした。
長野県と新潟県の境で積雪量が多くて運休になることが多いようですね。
それで、今回は長野県と新潟県の境を越えず、戸狩野沢温泉駅で引き返すスケジュール表を作り、今回の乗車に臨みました。
それでも、やはりぎりぎりまで積雪で運休になったり、ダイヤが大幅に乱れたりしないかと、ずっと心配していました。


結果としては、このように戸狩野沢温泉駅まで乗車することができました。
確かに、乗車中はずっと雪が降り続けていましたし、多少雪が積もっていました。
でも、積雪量はそれほど多くなく運休にもならずダイヤが大幅に乱れることもありませんでした


これで、残りの区間(特に長野県と新潟県の境を越えるところ)も乗車していきたいと欲も出てきました。
私一人がいくら頑張って乗車しても、もし皆さんにとって必要でなければ、やがて廃止されるかもしれません。
たとえそうであっても、私はなんとか飯山線などのローカル線に乗り続けたいと思います。


[広告]

楽天市場


[広告]

ワイン好きなお母さまへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

上の画像をクリックまたはタップ。

原料となるブドウは無農薬で、政府から農薬の持ち込みを禁止されるほどの徹底ぶりです。

この青ワインは希少価値が高く、要人やVIPの間で飲まれているものです。

そして、なんと糖質がウーロン茶と変わらないのです。

母の日(5月12日)が近づいてまいりました。

お母さまへの感謝を込めて、特別なワインで一緒にお祝いしませんか?

メッセージカードを添えてプレゼントなされば、泣いて喜ぶかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました